こども好き、写真と無縁だったが【カメラマン】になった

PHOTO LIFE

こんな人にカメラマンはオススメです。

・こどもが好き

・人を喜ばせるの好き

・ワイワイ楽しみたい

・真剣に遊びたい

カメラマンも悪くないなと考えているひとはぜひ読み進めてみて欲しいです。



出会い

こどもに関わる仕事がしたかった。

保育士→免許必要

あきらめて…

求人サイトでの募集をみてみるとこどもと関われる仕事

写真スタジオ…

写真スタジオとは、マタニティ、赤ちゃんのお宮参り、誕生日、七五三、振袖、和装洋婚礼、証明写真等の撮影を行なっている場所。

室内に撮影背景、カメラ、ライトなどの機材が設置してある。

また場合によっては併設されたガーデンのようなところでも撮影が可能なところもある。

思い立ったが吉日

履歴書の提出方法も変わっていた。

思い出の場所での写真提出とエピソードを添えるという形だった。

ちょっと悪ふざけで魚を釣った写真を提出→無事合格となった。

はじめは嫌いでつらかった…

はじめての経験なので何もわからなかったが幸い七五三がメインでこどもと触れ合う機会が多く、好きなことに携わることができた。

中でも嫌だったのが自分の撮った写真を講評してもらうことでした。

先輩からも酷評だったためなかなか自分の写真が好きになれなかった覚えがあります。

面白さがわかるようになったのはいつか?

苦手だった先輩が辞めて、次に教わった先輩が自分なかでは当たりでした。

まず感情で怒らない。

撮影の方法を理論的に教えてくれる。

わからないことも嫌な顔せず丁寧に教えてくださった。

何度も何度も時間を使ってくださり教えてくれたこと。

これが今の自分を作ることになって本当に感謝しております。

そしてある日

撮りたい写真が撮れるようになったことでした。

とてもうれしかった。



やる気さえあればオッケー

カメラマンは免許が要らない。

今日からカメラマンですと言えば立派な肩書になる。

後はお客さんが良いと思った写真を撮ればそれでオッケーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました