ほしいものは=困ったことを解決できること

LIFE
osuzoo
osuzoo

困ったことはありませんか〜?。

日常は常に悩みの連続。

悩みを解決する為に活用するのがwebや書籍であり、今はスマホで検索する方がほとんどではないでしょうか?

世の中には上手に困りごとを解決してくれる人が沢山います。

ということは…

困ったことを解決できればネタになります。

ネタを書くコツ

・自分のこまった問題→解決方法を簡潔かつわかりやすく書いていく。

・成功体験、

・失敗談、失敗から学んだやってはいけないこと

 

さあ今すぐ困った自分と解決した方法を並べ記事にしていきましょう。



ほしいものは=困ったことを解決できること

「自分の困ったこと、解決策」=「人様の役に立つこと」

になれば理想です。

しかし、そう上手くいかないこともあります。

困った事を検索してみて→検索ボリュームをみてみる以外に困っているな。あまり困っていないかよくわかります。調べてみましょう。

検索に便利なツール

関連キーワード取得取得ツール

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

goodkeyword

goodkeyword(グッドキーワード) - Google/Bing関連キーワードツール
Google、Bingで検索されている関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査できるキーワードツールです。SEOやSEM/PPCの検索エンジンマーケティグに役立ちます。アフィリエイト、ブログ、ドロップシッピング、ネットショップ、企業サイトのサイト運営にも。

調べてみると

「あまり必要とされていないかな」

「意外に困っているんだな」など発見があります。

権威性ってなに?

記事に説得力を持たせるためには書いている人がどんな人なのか?がポイントになります。

例:白衣のお医者さん

「わたしはこのクリニックの医師でこの道20年。この風邪にはこの薬を飲めば効きますよ」

と言われたら信用しますよね。

これが権威性です。

具体的な経験値や実績といった形が読者には必要です。

失敗からの成功体験は読者を惹きつける

ものごとが自分の思った通りに行けばそれでいいのですが、なかなかそうはいきませんよね?

そのプロセス【成功談・失敗談・経験談】を書く

成功談・失敗談・経験談

「そうそう、自分も同じ経験をしたよ」

やっぱりここは難しかったんだ」

共感を呼びます。

読者の心を惹きつけます。

専門知識は分かりやすい例えに変換

専門的な言葉を使うとわからないことがさらにわからなくなります。

これは避けましょう。

理想は

絵や図を活用して視覚的に訴えるよう書くとわかりやすいですよ。
文章よりマンガの方が読みやすくないですか?それと同じです。



最後に

世の中困っていない人なんていない。なんでもネタになる時代。

ネタが価値を生み出すなんて、素晴らしいではないですか?

そのネタください。面白くしますから。面白くおかしく人に役立てばよしとしましょう。

下記クリックが励みになります。

↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました